世界陸上2015の日本代表選手一覧と結果まとめ

この記事は4分で読めます

Sponsored Link



男子100m

・高瀬 慧 (富士通)→予選敗退【10.15】

1組目で出場した高瀬選手ですが、1組では4位といったあともう少しのところで準決勝進出でした。

男子200m

  • 高瀬 慧 (富士通)→準決勝進出【20.33】→準決勝敗退【20.64】
  • 藤光 謙司 (ゼンリン)→準決勝進出【20.28】→準決勝敗退【20.34】
  • サニブラウン・アブデル・ハキーム(城西大学附属城西高)→準決勝進出【20.35】→準決勝敗退【20.47】

3人とも予選よりタイムが落ちてるんですよねー。女子100mの時の福島選手も準決勝の時に予選よりタイムを落としているんですよね。

日本人の弱点でもあるのでしょうかね。準決勝こそタイムを上げていかないといけませんからね。

リレーに期待です!

男子400m

  • 金丸 祐三 (大塚製薬)→予選敗退【45.65】

男子5000m

  • 村山 紘太 (旭化成)→予選敗退【14:07.11】
  • 大迫 傑 (NIKE ORPJT)→予選敗退【13:45.82】

大迫選手タイムで残れるかというところだったんですけどね。2組の選手が良いペースで走っていたため2組の選手にやられてしまいました。

大迫選手が2組だったら、予選通過できたかもしれませんね。

男子10000m

  • 鎧坂 哲哉 (旭化成)→18位【28:25.77】
  • 設楽 悠太 (Honda)→23位【30:08.35】
  • 村山 謙太 (旭化成)→22位【29:50.22】

ニューイヤー駅伝を沸かせたヒーローたちですが、初めての世界陸上を体感して

世界の強さを知ったというところでしょうか。彼らのこれからに期待です。

男子400mH

  • 小西 勇太 (住友電工)→予選敗退【49.58】(SB)
  • 松下 祐樹 (チームミズノ) →準決勝進出3組目に出場【49.34】→準決勝敗退【51.10】
  • 岸本 鷹幸 (富士通) →予選敗退【49.78】

男子4×100mR

  • 高瀬 慧 (富士通)
  • 藤光 謙司 (ゼンリン)
  • 大瀬戸 一馬 (法政大)
  • 谷口 耕太郎(中央大)
  • 長田 拓也 (法政大)
  • サニブラウン・アブデル・ハキーム(城西大学附属城西高)

→予選敗退【38.60】

3走者から4走者のときに、バトンを上手く渡すことができなくて、予選敗退してしまいました。

普通にバトンを渡すことができたら、決勝進出することができましたね。

高瀬選手が怪我をしてしまったため、急な選手交代があったということも原因なのかもしれないです。

男子4×400mR

  • 佐藤 拳太郎 (城西大)
  • 田村 朋也 (住友電工)
  • 北川 貴理 (順天堂大)
  • 小林 直己 (川東海大)

→予選敗退【3:02.97】(SB)

男子 走高跳

  • 戸邉 直人 (つくばツインピークス)→予選敗退【2.26】
  • 衛藤 昂 (AGF)→予選敗退【2.22】
  • 平松 祐司 (筑波大)→予選敗退【2.17】

男子 棒高跳び

  • 荻田 大樹 (ミズノ)→予選敗退【5.65】(SB)
  • 山本 聖途 (トヨタ自動車)→予選敗退【5.65】(SB)

2人ともシーズンベストを果たしたんですが、決勝までのあと5cmが届きませんでした。

男子 走幅跳

  • 菅井 洋平 (ミズノ)→5位予選敗退【7.92,-0.6】

8mまであと少しだったんですけどねー。惜しかった。

男子 やり投

  • 新井 涼平 (スズキ浜松AC)→決勝進出【84.66】(SB)→9位入賞【83.07】

新井選手の投てきはすごかった!全体で2位の順位で予選を通過しています。

4年前の世界陸上のやり投げをテレビで見て、「おれも投げてみたい」と思って夏休みが明けたら陸上部に入部したみたいですね。

そんな人が4年後に日本代表として、決勝で戦うということです。本当に楽しみです!

1投目、2投目どんどん距離を上げていったんですが、3投目でファールをしてしまいました。

ファールがなければ、もう少し順位が上がっていたかもしれません。悔しいところです。

Sponsored Link

男子マラソン

  • 前田 和浩 (九電工)→40位【2:32:49】
  • 藤原 正和 (Honda)→21位【2:21:06】(SB)

男子20km競歩

  • 鈴木 雄介 (富士通)→10kmで途中棄権
  • 髙橋 英輝 (富士通)→48位【1:28:30】
  • 藤澤 勇 (ALSOK)→14位【1:21:51】

藤澤さんがゴール残り200mぐらいのところまでは、入賞圏内だったんですが1回スピードを緩めてしまって、

なんだか、気が抜けてしまいました。解説者も気力でがんばってほしかったとコメントしていましたが全くその通りだと思いましたね。

男子50km競歩

  • 谷井 孝行 (自衛隊体育学校)→3位銅メダル獲得【3:42:55】
  • 荒井 広宙 (自衛隊体育学校)→4位入賞【3:43:44】
  • 山﨑 勇喜 (自衛隊体育学校)→34位【4:03:54】

男子 十種競技

  • 右代 啓祐 (スズキ浜松AC)→20位【7532】
  • 中村 明彦 (スズキ浜松AC)→16位【7745】

女子100m

  • 福島 千里 (北海道ハイテクAC)→準決勝進出【11.23】(SB)→準決勝敗退【11.32】

タイムは自身が持つ日本記録11秒21まで0秒02差の今季自己ベスト、11秒23という結果でした!

めちゃくちゃ感動しました!スタートも良かったし、何よりスピードが全く落ちなかった!

タイムが落ちてしまいましたねー。悔しかった。

女子200m

  • 福島 千里 (北海道ハイテクAC)→予選敗退【23.30】

5組の5位でした。コーナーを過ぎたところまでは2位だったんですけど、後半が伸びませんでしたね。

女子5000m

  • 尾西 美咲 (積水化学)→決勝進出【15:33.84】→14位【15:29:63】
  • 鈴木 亜由子 (日本郵政グループ)→決勝進出【15:28.18】→9位【15:08:29】(PB)
  • 鷲見 梓沙 (ユニバーサルエンターテインメント)→予選敗退【16:13.65】

鈴木選手の最後の粘りは本当に感動しました!あと一人で8位入賞することができたのですが、本人も本当に悔しそうでした。

これだけの粘りがある走りを見せられると本当に心が動かされます。次の走りも楽しみにしています。

女子10000m

  • 西原 加純 (ヤマダ電機)→13位【32:12.95】
  • 高島 由香 (デンソー)→20位【32:27.79】
  • 小原 怜 (天満屋)→22位【32:47.74】

西原加純は良いところつけていたんですけどねー。中盤に少しずつ離されていきましたね。

後半の追い上げもいつものようにはいかなかったみたいです。

これが終わったら、キスマイの玉森君が好きなのでライブに行くということを言っていたみたいです。

女子4×400mR

  • 青木 沙弥佳 (東邦銀行)
  • 石塚 晴子 (東大阪大敬愛高)
  • 青山 聖佳 (大阪成蹊大)
  • 千葉 麻美 (東邦銀行)
  • 市川 華菜 (ミズノ)

→予選敗退【3:28.91】(NR)

日本記録を更新しました!次は決勝進出を目指してがんばってほしいです。

女子 やり投

  • 海老原 有希 (スズキ浜松AC)→予選敗退【60.30】

なかなか槍が飛んでいかなかったみたいですね。

女子マラソン

  • 前田 彩里 (ダイハツ)→13位【2:31:46】
  • 伊藤 舞 (大塚製薬)→7位入賞【2:29:48】
  • 重友 莉佐 (満点堂)→14位【2:32:37】

女子20km競歩

  • 岡田 久美子 (ビックカメラ)25位【1:34:56】
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 柳田将洋 河合由貴 ツイッター
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。