ツナグのあらすじ!嵐と御園のネタバレ解説!

この記事は2分で読めます

Sponsored Link



2012年10月6日に公開された映画、

「ツナグ」について

直木賞作家の辻村深月さんが書いた小説を

映画化しました。

大切な人を亡くした者と死者を1度だけ再会させることができる、

仲介人(職業はツナグ)が、多くの人の人生に深く関わっていきながら、

仲介人の葛藤や成長を描くヒューマンストーリーです。

このツナグという職業が物語の基本になっていきます。

元祖ツナグが今回の主人公歩美(松坂桃李)の祖母アイ子(樹木希林)です。

歩美は、ツナグの跡継ぎとして活動します。

たった一人と一度だけ、死者との再会を叶えてくれる人。

その噂を聞きつけて、歩美に依頼をしてきます。

依頼の内容は様々で、

 

ガンでなくなった母のツル(八千草薫)への再会を、

希望する畠田(遠藤憲一)。

 

喧嘩別れをしてその後すぐに、

自動車事故に巻き込まれて、亡くなってしまった

親友、御園(大野いと)にどうしても聞きたいことが

ある女子高生の嵐(橋本愛)。

 

プロポーズ直後に突然失踪した恋人のキラリ(桐谷美玲)を

ずーっと信じ続けて7年。

ずっと待ち続けているサラリーマンの土谷(佐藤隆太)

 

このような依頼を次々と受けていく歩美ですが、

その中で嵐と御園のあらすじについて見ていきましょうー^^

嵐と御園のネタバレ解説!

Sponsored Link

嵐は親友の御園と喧嘩をしてしまいました。

その時の嵐の気持ちは、御園へ殺意が芽生えるほど、

イライラしていました。

しかし、喧嘩別れをして間もなく親友の御園は、

自動車事故に巻き込まれて、亡くなってしまいました。

それを聞いた嵐は、自分が事故を引き起こしてしまったのではないか?

と自責の念に駆られているようです。

そんな嵐は、一度だけ御園に会って聞きたいことがあるということです。

嵐と御園は演劇部で活動をしていて、

御園に主役の座を奪われてしまいました。

嵐は相当落ち込んでいたのか、

親友である御園が信じられなくなっていました。

御園が嵐を陰で嘲笑っている。

そのように勘違いをしてしまった、

嵐は、御園がいつも通っている通学路を、

水道の蛇口を流しっぱなしにして、凍らしてしまいました。

御園は何も嵐から主役を奪おうと思って、

主役を狙ったのではなくて、

御園は自分が本当にやりたい役はなんだろう?

と考え、悩んでいる時に母親からアドバイスをもらいました。

「公開しない道を選びなさい」

そう言ってもらい、御園は主役の座を勝ち取ったわけで、

嵐に嫌がらせをしようとは全く考えていませんでした。

御園は、本当に嵐のことが大好きでした。

そんなことは嵐は全く知らず、道を凍らして、

怪我でもすればいいのに!!

という気持ちでいたところ、

御園は自動車事故に遭ってしまったということです。

嵐は亡くなった御園に会って「道は凍ってなかった!」

歩美に伝言を頼みました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 安田美沙子 旦那 写真
  2. 逃げ恥 マグカップ
  3. ブラック就活生
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。