のぐるま?六車?嘘の戦争で出てくるその言葉の意味は?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link



嘘の戦争を見ていて、のぐるま(六車?)という言葉が、

前回の話から出てきていますね。

仁科会長が何度か発している言葉ですが、

どういう意味なんでしょうか?

これって人物?何かの専門用語なんでしょうか?

のぐるま?六車?嘘の戦争で出てくるその言葉の意味は?

のぐるま(六車?)を呼べ!って、

仁科会長が秘書に放った言葉ですが、

インターネットで、のぐるまと調べても特にそれっぽい言葉は出てきません。

また六車と調べたら、人の苗字だそうです。

ということは、これは人の名前なんですね。

私はのぐるま。と聞こえていたのですが・・・。

違ったようです(笑)

さて、仁科会長が言っている言葉が

六車ということがわかったところで、

六車という人物はどんな人物なのでしょうか?

嘘の戦争で出てくる六車という人物は?

Sponsored Link

六車という人物は、怪しそうな臭いがプンプンしますよね。

5話では、六車という人物が浩一の事務所を荒らしていましたが、

これは仁科会長が六車にやらせた。

と仁科隆さんに言っていました。

隆さんも六車という名前をご存じだったみたいで、

六車という名前を聞いて驚いた表情をしていました。

ヤグザ系なのは見ていたらわかりますね。

ドラマでは六車がどんな人物か明らかにされていません。

浩一の事務所を荒らした人物ということだけですね。

私の予想では、仁科会長と深い関係があるわけではなく、

殺し屋なのかな?という予想をしました。

六車は最終兵器というのがドラマ上で表現されているように感じます!

嘘の戦争の六車の正体は大杉漣?三瓶は30年前の事件を後悔している!?

嘘の戦争のこれまでのドラマのネタバレ感想

草彅剛さんのドラマを見るのは、フードファイターぶりで、

とっても久しぶりなんですが(笑)

嘘の戦争面白いですよね!

私は特に1話と2話が面白かったですね。

ドラマの急展開ぶりが、1話と2話が激しかったと思います。

3話以降はちょっと安定的になってきたかな?

と思います。

今日放送された5話の仁科晃さんも、

あの事件に関わっていたという展開は結構驚かされました。

浩一も結構ショックを受けていましたよね。

仁科晃さんは、とっても良い人だという印象があっただけに、

ある意味、浩一も騙されていたのではないでしょうか。

仁科晃さんも浩一に復讐されるとは思いませんよね。

晃さんも浩一のことを信頼しているので。

晃さんも騙していました。

という展開だったら、もっと面白くなりそうですが(笑)

流石にこれはないのかな?

と思います。

アンフェアというドラマが好きなんですが、

アンフェアだったら、こういう展開はお得意ですね。

仁科晃さんが登場人物を騙していました。

っていうのがおちになるはずです。

そんなことは多分起きないですね。(笑)

来週は、仁科家と浩一が話をするので、

この展開がどうなるのか楽しみですね!

まとめ

六車という人物について考えてみました。

ドラマが最終回に近づいてくるにつれて、

六車という人物がどんどん明らかになってくると思うので、

注目していきたいですね!

あらすじはおまけ程度に書いてみたので、

コメント欄に、感想書いてくれたらうれしいです^^

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. %e6%b0%b4%e9%87%8e%e7%be%8e%e7%b4%80%e3%80%80%e5%87%ba%e7%94%a3%e4%ba%88%e5%ae%9a%e6%97%a5
  2. 河相沙羅 ドラマ テレビ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。