嘘の戦争の六車は大杉漣?三瓶は30年前の事件を後悔している?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link



嘘の戦争の5話が終わり、だんだんと盛り上がってきました!

私は1話からほぼ毎回リアルタイムで見ていて、

嘘の戦争を楽しんでいます!

今日は、嘘の戦争を見ていて気になること・・・。

それは、何度か名前だけ登場している、

六車という人物。気になりませんか?

嘘の戦争の六車という人物とは?

仁科興三と六反田弁護士の電話を盗聴して録音した音声を、

4話の時に浩一が四条親子に聞かせる場面がありました。

それで、仁科興三にもその時の会話が録音されていたということが、

バレましたね。

「あの録音を消すためには、音声を持っている人間を特定し消さなければならない。六車を呼べ!!」

と秘書に仁科興三が六車を呼ぶことを命令。

それに、仁科隆は「30年前の過ちをまた繰り返すのですか」

と言っていました。

どうやら、30年前の事件にも六車を使って、

浩一親子を消したということです。

今は精神病にかかってしまいましたが、

30年前の事件で浩一親子を暗殺した五十嵐という人物がいました。

そのほかにもう一人、暗殺をしている人物がいました。

それが、六車という人物である可能性が高いです。

仁科興三の会話を聞いている限り、

六車という人物は大変恐ろしい人物。

裏での仕事で活躍している人なのだろうと思います。

しかし、インターネット上では六車という人物は大杉漣なのではないか?

という予想がされています。

嘘の戦争の六車は大杉漣?

Sponsored Link

三瓶守役の大杉漣さんが六車であるとされている理由はですが。

まず、六車は今回の黒幕である可能性がとても高いです。

5話までの段階では、六車という人物が何者であるのかは、

明らかにされていません。

六車は最後の手段である。ということぐらいでしょうか。

そして、30年前の事件でも六車を使って犯行をした。

30年前の事件に関わっている人物はもうすでに、

ある程度年齢を重ねている人物です。

そうなると、怪しくなる人物が2人います。

大杉漣さんと、マギーさんです。

マギーさんも怪しい人物ですが、

仁科興三と繋がっているのなら、マギーさんは、

30年前の事件の復讐をしている人物は浩一であることを知っていますので、

マギーさんがそれを伝えれば良いだけです。

わざわざ、浩一の事務所に忍び込むようなことはしません。

ということで、白と考えていいと思います。

それで、大杉漣さんですが、

一番のポイントは、30年前に突然仕事をやめて、

児童養護施設を手伝うようになりました。

そして、浩一をそこで見守ります。

仕事を辞めた理由は、明らかにされていませんが、

浩一と何か関係をしていると考えていいと思います。

そこで、オープニング映像に出てくる英語をご存知でしょうか?

嘘の戦争オープニングの文字
一ノ瀬浩一 REVENGE (復讐)
二科隆 JUSTICE (正義)
十倉ハルカ HAPPINESS (幸福)
二科楓 LOVE(愛) 
二科晃 DREAM (夢)
二科興三 SUCCESS (成功)

八尋カズキ AMBITION(野心)
百田ユウジ MONEY (金)
三瓶守 REGRET (後悔)

なんですが、

大杉漣さんは、後悔がキーワードになっています。

これは、浩一を悲しませてしまった後悔があるのではないか?

とインターネットで話題になっています。

六車が大杉漣さんだったら、30年前の事件を後悔しているので、

浩一がピンチになったら助けてくれるはずです。

6話の予告でも、仁科家に関わることをやめるように、

促していました。

そして、浩一の事務所に盗聴器を仕掛けたのも、

仁科興三の命令なのもそうですが、

浩一が心配というのもあるでしょう。

仁科興三に従っていれば、動向も探れますしね。

まとめ

色々ごちゃごちゃ書きましたが、

六車は大杉漣さんであると私は予想をしました。

嘘の戦争ということで、

これから、嘘の戦いが見られると思います。

最終回はどのような展開になるのか。

今からとっても楽しみですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 痛い
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。