ブラック就活生扱いをする企業から学ぶことと最低限やらなければいけないことは?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link



ブラック就活生

ブラック就活生。この言葉が流行り出したのは、去年の11月頃です。

ブラック就活生とは、企業の説明会に無断で欠席したり、

選考を連絡なしに辞退する学生のことを言うんです。

こういうことをする学生が増えてきて、企業として困っているみたいです。

これは、Twitterやfacebookで話題になったんですけど、

今年の就活もその傾向はまだまだ続くでしょうね。

ブラック就活生と呼ばれている理由は?

就活をしている学生は

断りの電話を入れるのが面倒とか

寝坊したから

という理由で無断で欠席してしまうケースだったので、

これを聞いた社会人は、

就活をなめている

社会人になったら苦労するな

といった批判的なコメントが多かったんですよね。

しかしですね。

これってお互いがお互いのことを想い合っていないから、

このような事態が発生してしまうんですよね。

企業側が学生を想って、何かアクションかけているんでしょうか。

学生が企業を想って、何かアクションをかけているんでしょうか。

お互いがただ利用し合っているだけですよね。

Sponsored Link

企業は、応募してくる学生を見てどの子が一生懸命働いてくれるだろうか

って心理学を学んでいない人が見るわけですよね。

心理学を学んでいる人は、嘘ついているときって言うのは、

見破ることは簡単にできます。

しかも、面接という緊張する場所ならなおさら。

素人なんかじゃ、フィーリングでしか選べないんですよ。

逆に、学生に心理学を使われたら、この人すごいなという印象を持ってしまうわけですから。

学生が企業に遊ばれるケースもあるんですよね。実際。

お互いが、お互いのために。

企業が好きなwinwinの関係じゃないですか。

人間関係というのは、思いやりが一番大事なんですよね。

そして、人間というのは、1人1人の人間を見るよりも、団体で見がちですよね。

企業側の目線だったら、

学生という団体を1人として見るのか、

○○学校の学生を1人として見るのか、

○○さんという1人を1人として見るのか、

全然違ってきますよね。

1人1人をちゃんと見るということがめちゃくちゃ大事です。

1人の人間にちゃんと思いやりを持てば、必ず良い人に出会えます。

1人1人の人間のことを考えられないよ!

なんて時は、1人1人の人間に届くように、

システム化を考えるとよいです。

面接に落とす人が決まったら、

連絡する人は、誰か。

どのようなメールを送るか。

時間帯はいつにするか。

すぐなのか。午後16時なのか。

など、物事を細分化して、

やることが明確にされていれば、

あとは、誰がやってもいいじゃないですか。

もしくは、システムにやらせてもいいじゃないですか。

これは、企業側がやることをイメージして書いていますが、

学生側も、急に休むことになったときのことを、

テンプレートにしてその通りしゃべる。

とかでもいいですよね。

連絡しないことがいけないことであって、

連絡すれば、最低限のことはOKだと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ユチョン トイレ 心理
  2. キャプチャ1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。