日本男子バレーオーストラリア戦は清水が大活躍!石川と柳田は?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link



今日のオーストラリア戦は日本にとってとっても大事な試合です。

オリンピックに行くためには、同じアジアであるオーストラリアには勝ちたいですね。

オーストラリア戦

第一セット

期待の石川は打つチャンスがあまりなかったんですが、その代わりに清水選手、柳田選手が大活躍しました!

清水選手はほとんどスパイク決まってましたね!

スタメン出場であった、NEXT4山内選手もサーブで敵を崩していました!

鈴木選手も活躍しているんですよ!クイックもバシバシ決まっていました。

全員バレーを感じさせるようなセットでした!

第二セット

Sponsored Link

オーストラリアのジャンプフローターサーブに崩されながらも接取しましたね!

このセットで相手のエースエドガーが引っ込みましたね。引っ込められた時はすごい声で叫んでいたのが印象的です。

とても悔しそうでしたね。相手のエドガーを引っ込めるきっかけとなったのは、山内選手のブロックでした。

ブロックは決まったわけではなく、ワンタッチだったんですが相手には効いていたみたいですね。

相手のエドガーはそんなに悪いプレーしていた印象はなかったんですが、下げられましたね。

個人的にはこれによって、日本は結構楽になった印象でしたね。

オーストラリアの勢いが落ちたように思います。

第三セット

柳田選手の2連続サービスエースがすごい!!それを2回も!合計4回サービスエースをした第三セットです!

110kmほどで抑えてコントロールして決めましたね。コントロールして110kmって速すぎですよ!!

ベテランの清水選手、鈴木選手も活躍して全員バレーでした。

相手のエースエドガーのスパイクをシャットアウトした柳田選手のブロックは痺れました!!

柳田選手は小柄ですからね。それで、シャットアウト。エドガーは210cmぐらいありますから。ちょっと忘れましたけどとにかく高い選手です。

柳田選手は186cmです。この差でブロックは本当に感動しましたね。

やはり中盤では相手のフローターサーブに苦戦しましたね。苦戦しながらも日本のサーブがすごい!

八子選手も決めました!この試合はサーブが爆発しましたね!

オーストラリア戦では清水選手が日本選手の中で最多得点です

清水選手にボールがいけば決めてくれるような感じでしたね!

アメリカ戦では、冷静さに欠けていたので冷静になってオーストラリア戦に臨みたいと言っていたみたいなのでそれが良かったのかもしれないですね。

サーブレシーブが課題でしょうかね。

このセットでは、レシーブが上手くいかないという点とエドワーが止まらなかった!

エドワーに全て持っていかれましたね。一気に流れが変えられました。6点リードしていた場面もありました。

勝つと思っていたんですけど、マッチポイントは最初に日本が取っていたんですが、

2点リードしている中、柳田選手が決めきれず逆転されてしまいましたね。

第四セット

序盤は日本が点の取り合いでした。

石川が決め、柳田が決め、清水が決め、山内が決め、鈴木が決めと全員が活躍していましたね。

相手はエドガーはもちろん、相手のセンターも決めていました。

8点を境に、柳田のサーブで崩して石川のダイレクトアタックで決めれば、

リベロ永野が相手のスパイクを片手でレシーブをして相手コートに落ちて3点連続。

そして、柳田のサーブが止まらない。サーブで崩して石川が決めるという最高の形で4連続ポイントを決めました!

石川対エドガーという場面もありました。終盤では石川!!石川選手大活躍でした!花がありますよね。

最後はやっぱり清水でした!清水が2連続で決めてくれました!

最後は頼れるキャプテン!明後日の試合も楽しみです!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 柳田将洋 サーブ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。