学校に行きたくない高校生は行かなくても良い?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link



学校に行きたくない

学校に行きたくない!

と悩んでいる人ってたくさんいると思います。

毎日学校に行きたくない!!

と悩んでいると思います。

個人的には、学校に行きたくないのなら

学校に行かなくても良いと思うんです。

この考えはあくまでも個人的な考えなので、

こうしなければならないということではないです。

あなたの人生なので、最終的にはあなたが決めること。

あなたの親が決めることでもなければ、

あなたの先生でもなければ、

あなたの友達でもないです。

あなたが自分の人生を決めるのです。

人生は時間で成り立っています。

あなたに与えられた時間をどう使っていくのか考えてみてください。

できれば、具体的に細かく紙に書いてみるといいですよ。

例えば

  • 起業をして社長としてお金持ちになって自由な人生を歩みたい!
  • そうするには、起業を勉強をしてビジネスのセンスを上げよう

そうすると将来その紙に書かれたことが達成されていくかもしれません。

もし、起業を考えている人がいれば、

下記のブログを読んでみるといいかもしれません。

頑張りどころを間違えると、大きなものを失う

人生は他人が決めたレールを歩いていくものではない。

ということがわかると思います。

さて、少し話がずれましたが、

学校に行きたくないのなら学校に行かなくても

良いということについて書いていきましょう。

なぜ多くの人は学校に行くのか?

学校に行きたくないのに行く必要がありますか?

この問いにYESと答える人がほとんどでしょう。

なぜなら、学校に行くことが当たり前という常識があるからなんですね。

一般的には常識なんです。学校に行かないというのは少し常識から外れますね。

そしたら、なぜみんな学校に行くのか?これを考えたことはありますか?

学校は勉強をする場所です。

これは常識ではなくて事実ですね。

勉強をしに行っている人が集まっている場所です。

しかし、みんな勉強をするために学校に行っているという感覚はなく、

将来のためということなんですよ。

将来、自立できるようにということですね。

自立というのは、自分でお金を稼いで生活をするということになります。

つまり、学校に行くことというのは、

自立をするためということですよね。

ただ勉強がしたいからという人もいるでしょう。

学校は勉強をする場ですからね。

多くの人は自立をするためなんです。

自立するためには、仕事ですよね。

学校に行ってれば、

仕事に就きやすいというのがありますからね。

大学に行ったら就活、就活と言って

就職することが当たり前ですからね。

小学校より中学校、中学校より高校、高校より大学

というように就職をする確率が上がりますし、

年収も変わってきます。

だから、みんな学校に行くんですよ。

自立したいから。勉強したいから。

しかし、あなたは学校に行きたくないわけなんですよ。

色々と理由はあると思いますが、

悩んでいるわけなんですね。

苦しいわけなんです。

もうちょっとがんばってみようかなと思いながら学校に行く人も多いと思います。

学校に行きたくないのなら行かなければいい?

Sponsored Link

苦しくなって最終的に死にたくなる人いるんじゃないんですか?

死にたいと思っている人は、

この状態から脱したいということだと思うんですよ。

人生は選択の連続です。

高校生まで来たあなたは自分が選択してきて、

高校生になったんです。

高校に行かないで、就職も考えたかもしれないですね。

高校に行くという選択肢を選んだんですね。

学校に行きたくないのなら行かなければいいんですよ。

高校に行かないとい選択肢を選べばいいだけですから。

学校へ行かないということを決めたのなら、

この先はどう過ごしましょうか。

学校に行かないことを選ぶのならどう生きていく?

学校に行かないのならこの先どう生きていこうか。

あなたの人生の目標は何でしょうか。

まだ考えられないという人が多いと思います。

人生の目標を探すために学校に行っている人も少なくないと思います。

やはり人生において学校に行くことは結構大事なんですよね。

とりあえず、学校に行ってれば就職に困らない場合の方が多いですから。

就職できれば大抵は自立できますよね。

つまり楽なわけなんです。

なーんにも考えないで自立できるんですから。

学校に行かないという選択肢を選ぶあなたは、

どうやって自立していくかを考えなければならないんです。

大人になったら、自立をして生活できるぐらいのお金を稼がないといけないです。

または生活保護をもらうかのどちらかです。

自分の力だけじゃ生活をしていけない人は

誰かからお金をもらう必要があるんですね。

国からもらうか。

親からもらうか。

どちらかになってくると思うんですけど。

高校生まではほとんどが親からお金をもらって生活をしている人が多いでしょう。

大学生も親からお金をもらって生活をしているという人が多いです。

学生は勉強に時間を使っているからお金を稼ぐ時間は少ししか取れないんですね。

学校をやめたあなたは何を勉強しますか?

起業する方法を学ぶ。

専門的に使えることを学んで会社に貢献できるようになる。

例えば、ロボットの開発の仕方とか。

相手の悩みを解決するコンサルタントとか色々あると思います。

相手に価値を提供することができれば、お金は稼げます。

じゃあ自分の価値をどう見出していくか考えてみてください。

社会は非常識な人を嫌う傾向にあります。

学校に行っていない人は常識的ではないので、社会に入りにくいです。

だから、会社に就職する人は

学校に行かないで何をやっていたかと言うのが

とても重要になるんですよ。

会社に就職しないで自分でお金を稼いでいこうという場合は

自分でお金を稼ぐ方法を学んでください。

学校に行ってもそんな方法は学びません。

会社に就職しやすくなるために学校に行くんです。

人生をどう過ごしたいか考えてみてくれたらいいなと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ユチョン画像
  2. 天明麻衣子の夫は弁護士で東大出身!?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。