ホンマでっかで離婚の危機が分かる診断内容とは?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link



ホンマでっかで離婚の危機が分かるという診断をやっていましたね。

今日は診断内容をまとめました!

離婚の危機診断

自分の方が相手より幸せだと思いますか?

将来離婚の危機がある人は夫がはいと答えた人みたいです。

平均39年間の結婚生活過ごした60歳異常の夫婦を調査した。

そしたら、妻が「自分は夫より幸せ」と回答した夫婦が最も結婚生活が良好という結果だった。

夫が幸せか不幸化は結婚生活に影響はない。

妻が夫より幸せと感じている夫婦は離婚リスクが低い傾向がある。

妻が幸せと思っていない夫婦は離婚の危機が増加する。

夫や妻の前でオナラをしますか?

将来離婚の危機がある夫婦は

どちらかがオナラを我慢する夫婦ということでした。

オナラなどコントロールできる事と夫婦の上下関係を調査。

オナラやゲップをする人の方が夫婦の間で精神的に優位に立っている。

夫婦でストレス抱えるのは10年、15年ということ。

普段コントロールするのが片方だけという夫婦はストレスがどんどん溜まっていく。

恋愛は恥を隠し合うということだが、結婚は恥を共有していくということ。

4~5年の間に恥の共有することができれば離婚せずに済むと思う。

女性だけがガマンをしているのは、夫の浮気を深層心理で疑っているというデータもあるみたいです。

オナラなどをガマンする妻は夫を信頼していない可能性があるみたいですね。

ブランドのバックやアクセサリーなどのプライベートで購入した私物のことを相手に言いますか?

Sponsored Link

将来離婚の危機がありそうな夫婦は、

どちらか一方でもパートナーに言う、はいと答えた人が離婚の危機があるそうです。

離婚の危機がなさそうな夫婦の解答は2人とも相手に買ったことを言わないというデータがあるそうです。

離婚の一番の原因はお金に関する口論だったみたいです。

お金の口論は相手を強烈な言葉で罵倒をする。

そして、そして関係修復にも時間が必要になってくる。

お金の価値観で男女の違いが最も強く現れるのが、私物の買い物。

購入物を説明するより書くしたほうが口論を回避できる可能性が高い。

夫婦の収入や家計管理に関係なくお金の使い方に口論が発生しやすいということ。

家事・育児は夫婦は分担すべき?どちらかがメインでやりますか?

将来離婚の危機がありそうな夫婦は

2人とも分担すべきと考えた夫婦です。

分担をするということを意識でいると、自分の方が大変なのにっていう不満を持ちだす。

その結果、自分はやっているのに彼はやらないんだと思ってしまう。

主がどちらか決めている夫婦はあまり不満が募らない傾向。

主がどちらか決めておけば、夫婦の間に亀裂は生じにくい。

相手に「一番不満に思っている事」自分に「一番不満に思っている事」を書いてください。

夫は、妻に一番不満に思うこと、妻が自分に対して抱いているであろう不満を書く。

妻は、夫に対して抱く不満と夫が自分に対して抱いているであろう不満を書く。

将来離婚の危機がありそうな夫婦はお互いの不満が一致しない夫婦

将来離婚の危機がなさそうな夫婦はお互いの不満が一致する夫婦

価値観が一致する夫婦ほど離婚の危機が少なくなるということでした。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ユチョン ハンジミン画像
  2. 竹野内豊 倉科カナ 結婚
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。