閲覧注意!有吉ジャポンの男性をメロメロにして虜にできる心理学は?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link



モテモテになる方法

有吉ジャポンで男も女も虜にできる心理学を放送されましたね。

雑学王の唐沢俊一さん、

作家の鈴木涼美さん、

メンタリストのDaiGoさん、

早稲田大学教授の森川友義さん

が専門家として出演されていましたね。

心理学ということで、

心理学を勉強されている方だけかと思ったんですけど、

作家さんもいらっしゃるんですね。

私のイメージ的には、

DaiGoさんは心理学をかなり勉強されているので

DaiGoさんが主にしゃべるのかと思っていました。

しかし、4人の専門家がいらっしゃるので

他の視点から見ることができて楽しめました。

私は初めてこの番組を見たんですが、

有吉ジャポンでやる夜の心理学は3回目みたいですね。

男を虜にできる心理術

たんぽぽ川村さんの悩みは、

恋愛の始め方が分からないという。

ブスは好きだってばれたら引かれる。

だからこのブスリスクが大変と語っていました。

DaiGoさんが言うには、

ブスリスクを乗り越える方法がある。

相手の性欲の男性が高まっているときは、

相手は誰でも良くなるっていうのが研究結果としてあるみたいです。

また鈴木さんが言うには、

初デートはエレチューまで

(エレチューとはエレベーターでチュウをすること)

エレビーターは時間が限られているから、

別れ際にマックスで盛り上がった時に

エレベーターが終わるので、次につながる。

またまたDaiGoさんが

初期のコミュニケーションは、

共通点を探すゲームであるという。

いくつ共通点を見つけられるかがポイント。

これができたらあとは簡単。

気になる人と撮の仲を深めるには、

相手の言葉を繰り返し疑問を付ける。

そうすると、相手はプライベートを話し続けられる。

人間はプライベートなことを

話したら相手のことが好きになるという

心理が生まれちゃうということ。

人間は終わってしまったことを忘れてしまうので、

別れ際の1番良いところで切り上げてしまう。

つまり、

電車とかに載っているときに相手が

一番興味を持っていることの話題を振って

一番盛り上がって相手が電車を降りるので

イメージとしてずっと残っているため、

メールも来やすい。

最高の夜にするためには、

会話に肉食ワードを忍ばせると男性をソノ気にさせる。

例えば、有吉さんを加えてこの企画をぜひやりたいです!

絶対いけますよ!

OKなら今度いってください!

これは普通の会話に見えますが、

くわえる、やる、いける、いって

など男性が反応しやすいワードが入っているんですね。

フェロモンを強める香水がある?

Sponsored Link

フェロモン香水を使うおうと雑学王の唐沢さん。

ラブポーション、

エセントリック・モレキュール01というのを紹介。

海外のセレブに大人気だという。

これを付けることによって

人間のフェロモンの効果を発揮することができる。

だからつける人によって香りが変わる。

恋愛は五感でするのものなので、においは登竜門。

番組に紹介された商品は

下のエキセントリック・モレキュール01ですが、

超人気商品みたいで売り切れでした。

似ている商品を見つけたので、

気になった人がいたら上の商品から使ってみたら良いと思いますよ!

またDaiGoさんがいうには、

女性は赤を着ると魅力をアップさせるので

出会いのチャンスが増える。

赤を着ると男性からも声かけられることが増えるし、

距離も近くになるということ。

なので、

OLの人ならノートパソコンのカバーとか、

スマホのカバーとかを赤にするだけでも変わってくる。

夫婦仲を修復する方法は、

相手の生理周期を知ることとDaiGoさんが言っていました。

女性は月に4回性格が変わる複雑な生き物。

イライラする時、

不安になる日、

ものすごく性欲が高い日など全然違う。

だから、

イライラしている時期、

整理中やPMS期ならば仕事とか入れたりしてあまり近づかない。

そして、

不安になっている日はそばにいてあげる。

ものすごく性欲が高い日は

それに対応するということをして、

メリハリをつけることで

夫婦の関係は修復すると言っていましたね。

一緒にいる時間が増えると、

心理がすごく読みやすいと言っていました。

相手をしっかりと見るということが大事ですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 一緒に スマホ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。