大学の心理学部の就職率と学ぶ内容は?進路で悩む高校生は必見!

この記事は4分で読めます

Sponsored Link



大学 心理学 就職先

大学で学ぶ心理学って何?

心理学といっても細かく分けたら、

めちゃくちゃ分野が広がるんですよね。

例えば、

犯罪心理学、恋愛心理学、認知心理学、

行動心理学、発達心理学、社会心理学、音楽心理学

などなど。

これらに共通していることって、

人間を調べているんですよ。

 

いまあなたが人間に興味を持っているなら

心理学を学んでも良いと思います。

人についてめちゃくちゃ知ることができるんで。

大学の講義で学べることはたかが知れていますから、

自分で本などを読むか、

自分が知りたい分野の先生の話を聞くか、

自分で行動しなければ、

なーんにも学ぶことはできないで、

あっという間に4年間は終わります。

自分で学びたいものは何なのか。

最終的にはどうなりたいのか。

自分で決めて、自分に合う大学を決めてくださいね!

心理学といっても、細かく分けると、

本当にたくさんありますので!

しかし、わかりやすいように

心理学を2つに分類するなら?

ということで、

実験心理学と臨床心理学という2つに

分類されています。

イメージできますか?

 

実験心理学と言うのは、

人間を観察したり実験したりして人間の傾向を知ることですね。

臨床心理学と言うのは、

精神状態が不安定な人のサポートをすることを学んでいきます。

 

私は臨床心理学を主に勉強しているんですが、

めちゃくちゃ楽しいです。

1年生の時は、

全学共通科目といって

大学生が学ばなくてはいけないものを学ばされます。

なーーんにも楽しくないです。

難しいことばっかり言っている教授の話を

90分も聞かなきゃいけないんですよ。

たまに良い先生もいますけどね。

ほとんど面白くないです。

 

だいたい2年生ぐらいから

自分の専門科目を学べるんですけど、

そっからがやっと心理学について学べるんですよね。

私が学んだことって、

主にカウンセリングと人間について知ることなんですよね。

心理学で学ぶカウンセリングとは?

カウンセリングっていうのは、

簡単に言うと相手の話を聞くこと。

これを学んでいると、

相手の話を聞くということが

めちゃくちゃ上手くなるんですよね。

相手の話を聞くということって

どこでも使えるじゃないですか。

これをなめてちゃいけないです。

 

人の話を聞くというのにも技術があります。

これはもう化学的な根拠も出ているので、

実際に使える技術です。

聞き上手な人ってモテますよね?

1人でずっとしゃべっている人ってめんどくさくないですか?

恋愛でも友達関係でも聞き上手になれれば、好かれます。

そういったことも可能になるのが、

心理学を学ぶということです。

心理学で人間について知ることとは?

人間について知るって幅広すぎですよね。

確かに色々な人間がいます。

それを分類して、

その人を自分の理解しているグループに当てはめたりもします。

どういうこと?って思いましたかね。

 

超わかりやすくいうと、血液型です。

A型、B型、O型、AB型という分類をしているということです。

人をグループに分けて、人を理解していくんですね。

 

発達心理学の分野で言うと、

主に子供について私は勉強したんですけど、

新生児、乳児、幼児、小児、児童など分けてそっからさらに分類したりと、

人をグループに分けて考えていくんですね。

そっから人について勉強をして、

1人の人と向き合っていく。

そのような勉強をしていきます。

 

認知心理学では、

人の記憶について、視覚について、聴覚についてなどなど勉強しました。

とりあえず、人についてめちゃくちゃ勉強します。

 

自分が一番興味があったのは、

相手の嘘を見破ること。

これは、表情分析学という分野で、

分析されています。

これを学べば、

相手の表情から、相手の心理を読み取ることができます。

これの基本を学べば、意外と嘘ついているなー。

ということがわかるので、面白いですよ!

私の大学では、表情分析学という分野は無くて、

自分で本を買って勉強をしました。

興味があれば、

こちらの本をまず読んでみるといいかもしれないですね!

心理テストとかやるの?

心理テストはあなたが想像しているものとは、

たぶん違うと思うんですけど、やります。

化学的根拠がある心理テストを使って、

実際に自分で受けてみます。

これをすることで、

自分について知れるんですよ。

もし、あなたが臨床心理士になるとしたら

その心理テストを実際に使用して、

相手について調べます。

その訓練の一環として、

大学では自分が実際に受けるんです。

自分は鬱の傾向にあるとか、

リーダーシップを発揮するタイプであるとか、緊張しやすいとか。

いろいろ知ることができます。

自分を知っていると、

何が強いって長所と短所を知れるということですから、

就職活動とかで役に立ってくるんですよね。

長所と短所ってよく聞かれるじゃないですか。

個人的には意味ねーなーって思うんですけどね。

人の心読めるようになりたいんだけど!

Sponsored Link

心理学を学んでいますと答えると、

良く聞かれるのが、

「えー!人の心とか読めんの!?」

ってよく言われます。

 

大学の授業の範囲内では人の心は読めないと思います。

全部の大学の講義を受けているわけじゃないので、

人の心は大学の講義レベルでは読めないとは言い切れないです。

 

ですが!!

人の心読める人いますよね。

メンタリストのDaigoって

人の心を読んでいますからね!

心理学を使っているのは本当の話です。

人の心って場面場面によって変化しますから、

相手の心を読めるように持っていくんですね。

 

例えば、

腕を組んでいるときって言うのは

自分を守っているということは有名だと思います。

腕を組んで、汗をかいて、目がおよいでいたら相当焦っていますよね。

そのようなことを、頭に入れておくんです。

それで、その人の行動に当てはめていくんです。

それを総合して人の心を読んでいきます。

 

めちゃくちゃ楽しくないですか?

そういうのは、基本自習するしかないです。

教えている大学もあるかな?

あったら、とても楽しいですね。

相手の行動を分析するということで、

行動分析学という分野もあるので。

人について理解するということです。

これを応用していけば、

人の心も読めるよってことですね。

心理学とか学んでて実際就職とかできるの?就職先や就職率は?

答えは、できます。

就職って企業であれば、

大学で何をして何を身につけて、

どんな成功を掴んだのか。

こんな感じで、

あなたについて聞かれますよね。

 

結局どこの学科にいっても一般企業の就職であれば

ほとんど関係ないです。

ぼくが大学を選んでいるときに、

こんな話が飛んできたこともありました。

 

「本当は、心理学を学んでみたいけど、

就職を考えるなら経済学だよねー。」

どうも、就職のために大学に通う人が多いですよね。

まあ実際大卒と高卒の年収が違うから

大学に行った方が良いということで、

しかも、自分の学びたいものより

企業に好まれそうなものを学ぶ。

企業のために、大学に行って、

企業のために、勉強するようなものじゃないですか。

せっかく高い授業料を払うんですから、

自分が学びたいものを真剣に学んだ方が楽しくないですか?

 

せっかく大学に行くのであれば、

自分の学びたいものを学んで

その分野について詳しくなった方が、

企業に好まれます。

企業は、自分の会社で頑張ってくれる人大好きじゃないですか。

大学時代にこれだけ頑張れる人なら、

会社に入ってもがんばってくれるだろう

ということで採用してくれます。

 

就職率とかあんまり関係ないです。

優秀な大学に行けば、

就職率が高くなるのは、

当たり前ですよね?

優秀な人が集まる大学が、

優秀な大学なんですから。

それと同じで、あなたが優秀になれば、

あなたが就職する確率は高くなることが分かると思います。

大学の名前や学部でピンキリする企業は今もありますが、

ほとんど無くなってきています。

心理学を学びたいのであれば、

心理学のスペシャリストになることを目指して、

大学で4年間学んでいれば、

就職なんてあっという間にできますよ。

心理学なんて有利じゃないですか?

話の聞き方、相手に好まれる方法、

自分が優秀にみられる方法などすべて、

知っている状態で面接を受けることができるのですから!

 

一般企業の就職よりも心理学の専門として働きたい!

という人は、

専門職としての道もたくさんありますよ!

大学院に行って、

臨床心理士の資格を取って

カウンセラーになって活躍するのもあり。

 

公務員試験をクリアして、心理系公務員の道に進むのもあり。

大学在学中に資格を取って、その専門職に進むのもあり。

大学で取れる資格をとってその道に進むのもあり。

 

就職なんてしようと思えばいくらでもできます。

行動力である程度のものはゲットできると思いますよ。

大学がすべてじゃないです。

 

あなたという存在価値をどれだけ、

たった1度の人生で高めていくか。

その価値をほかの人はどれだけ買おうとするか。

その価値を大学で見る人。

人格で見る人。資格で見る人。行動で見る人。

様々です。なりたい自分になってください。

自分の価値は自分で高めていくしか方法はないですから。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 8月14日