アンダーウェア第11話ネタバレ!桐谷美玲が作った商品とはいかに?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link



アンダーウェア

アンダーウェアのキャストについて知りたい人はこちらを参考にしてみてください!

アンダーウェアのドラマキャストまとめ!ドラマでの役名も解説付き

アンダーウェア第11話「それぞれの休日」ネタバレ!

南上社長は長期休暇にも関わらず、社長室でデザインを考えていました。

そんなとき、繭子の友達である由梨が南上社長を訪ねてきました。

由梨の担当しているお客さんがなんと、社長の息子である青藍の妻でした。

しかも、その妻は「Emotion」で商品を作ってほしいと要望を受けたそうです。

これは単なる偶然であり、青藍が依頼したことでもないし、青藍のお嫁さんがただ「Emotion」の商品を着けたいと言っただけでした。

もちろん、「Emotion」の社長が青藍を産んだ母親なんてことは知りませんでした。

悩んでいる南上社長に麗子が後押しをして、お嫁さんに向けて下着を作ることを決めました!

そんなところで、長期休暇中の「Emotion」のメンバーはというと、

「5日間で新戦略を培うビジネスの為のセールスアップ対策セミナー」

という物に、猿橋と瑞希が参加していました。

そして、瑞希が参加したセミナーには仲谷が講師として働いていました。

また、梶くんは大学の卒論をやっていましたがめんどくさくてやる気がしない。

繭子が夏休み中に作ると言っていた商品が(繭子のことも気になっています)気になりメールを送ってみることにします。

セミナーが終わった後、猿橋、瑞希、仲谷の3人で話をすると猿橋が参加したセミナーの内容の中に、

「あなたの会社が商店街に出店するとしたら?商店街を活性化させる新しい小売の形を提案する」

という企画コンペティションと呼ばれるものを募集していました。

ようは、アイディアコンテストのようなものですね。

賞金30万円という金額に興味を惹かれて、3日間でぐらいでやるなら案外楽勝なんじゃないかと瑞希が発言するも、

その主催者が猿橋の元同僚で、お金を借りたままになっていて少し気まずい…。

その借金をセミナーの講師として繋がりのある仲谷さんに返すようにお願いして仲谷がお金を返してきます。

瑞希も心配になり、仲谷と瑞希でお金を返すことになりました。

そしたら、猿橋がお金を借りた理由を知り、瑞希が企画に参加して「Emotion」が立て直してどんどん成長していることを知ってもらいたいということを提案しました。

この、お金を借りた理由というのは、瑞希と史香が裏切りを起こして「Emotion」が倒産寸前までになった時のお話です。

その時のお話はアンダーウェア第5話ネタバレ!姫路宗介役の桜田通がまさかの?というのを読めばわかります。

「暇つぶしにはいっか!たった3日間だし、シュミレーションゲームみたいなものだし。やりますか!」

と猿橋が言って、3人で企画をやることになって動き出しました。

Sponsored Link

他の「Emotion」のメンバーはというと、

社長は青藍の嫁の下着を作り、梶くんは繭子のメールの返信に大喜びしていました。

繭子は「自分にしか作れないものを作るなんて言ったけど、やっぱり難しいよ」と悩んでいる様子。

また、瑞希と仲谷と猿橋で企画を練っているところで、なんで猿橋が大手商社をやめたのか瑞希が聞きました。

「一番仕事がわかってくる時期にデフレがね。世界的に質より量。質より安さみたいな波がどーっときて。

で、逆にとんでもない労働条件で安く作られる生地ばっかりしいれなくちゃいけなくて、ちょっとね。

嫌なもの見過ぎたっというか。おれ、ネガ繊細なものだから。

でも、南上社長は、Emotionの南上社長はぶれずにバカ高い生地を注文してくるわけよ。

次から次へと。イタリア製だ。フランス製だと言って。絶対に安い生地に落とさなかった。

それでね。おれはこっちかなって。」

そんな話をしているところで、Emの話に移り、

Emを新しい店舗で売るべきだと3人同じこと考えていることに気が付きました。

また、繭子はというと、完成したことを梶くんにメールで知らせていました。

しかし、「これを社長に見えるのは迷う。たぶん、社長これは嫌いだと思う。」と梶くんにメールをして

繭子はとても悩んでいる様子でした。

また3人は企画発表を終了して、奨励賞で2万円でした。

この企画で書いた提案書を南上社長に提案しないか?と仲谷が猿橋と瑞希に提案しました。

また梶くんは、繭子を勇気づけ社長に繭子の作った商品を見せることを決意しました。

「Emotion」スタッフにとって色々な思いがつまった長期休暇になり、個人個人社長に伝えることがあるため緊張している様子。

社長が出勤してすぐに、繭子と瑞希が社長に提案しようと声をかけようとしますが、

社長から「いきなりで悪いんだけど、話があるのよ。」と社員に説明する。

3月のトランクショーに向けてのお話でした。

「原点回帰したい!」成長した今だからこそ原点回帰をしたいということで社長からの提案がありました。

瑞希や繭子が提案したかったのは、新しい事といった真逆のことでした。

提案を考えていた繭子や瑞希、仲谷、猿橋がショックを受けますが、

繭子は我慢できなくて、

「社長に提案したいことがあります。社長に見ていただきたいものがあるんです。」

アンダーウェア第11話「それぞれの休日」感想!

良いところで終わってしまいました。速く続きが見たいという方!

こちらを見ると書いてあるので是非楽しんでくださいね!

アンダーウェア第12話ネタバレ!永井編集長によって繭子の商品が売れる?

今回のお話では、次につながるためのお話でしたよね。これからどんな「Emotion」になっていくのか気になりますね。

繭子の商品は社長に受け入れてもらえるのか?瑞希、仲谷、猿橋の考えた企画はどうなっていくのか。

最終話まで残り少なくなりました。この後の話は必見です!

アンダーウェア第12話ネタバレ!永井編集長によって繭子の商品が売れる?

アンダーウェアについては全てこの記事で解決できる全ネタバレ集!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. アンダーウェア
  2. アンダーウェア
  3. アンダーウェア
  4. アンダーウェア
  5. アンダーウェア
  6. アンダーウェア
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。