【24時間テレビドラマ】母さん俺は大丈夫の原作あらすじとラストをネタバレ

この記事は2分で読めます

Sponsored Link



主な登場人物

佐々木家

警察官の父親:佐々木弘(赤井秀和)

専業主婦の母:佐々木萌子(安田成美)

長男:佐々木哲平(増田貴久)NEWS

サッカー大好き次男:佐々木諒平(山田涼介)Hey!Say!JUMP

三男:佐々木証平(下田翔大)

原作「サッカーボーイズ 明日への絆 君のためならがんばれる」あらすじ

島根県で暮らすごくごく普通の家庭がありました。

警察官で熱血な父親とおっとりとした性格である母親に3人の子どもがいます。

長男の哲平と次男の諒平と三男の証平です。

今回の主人公となるのが、次男の諒平です。

諒平はとにかくサッカーが大好きで、あきらめの悪い性格で負けん気が強い性格で

ずっとサッカーを頑張っていました。

そんな時、諒平がまだ小学生のころ、弟の証平が「ミトコンドリア脳筋症」という不治の病にかかってしまいました。

ここで当然、母親は証平の看病をするため哲平と諒平は、父親と生活することになる。

2人の子どもたちは、親には迷惑をかけないしっかり者に育っていきました。

兄弟そろって難病に

時は進み、諒平は高校を進学して小学校から続けているサッカーをするためサッカー部に入部しました。

高校2年の時には、サッカーへの情熱と実力が認められて副キャプテンになりました。

しかし、そんな諒平に今までにない激しい頭痛が襲い掛かってしまいました。

急性脳腫瘍と診断されて、手術を受けるが全摘出に失敗し余命を受けました。

兄弟そろって難病と戦うという試練が始まります。

Sponsored Link

前向きに生きていく

両親は諒平の生きる道を必死に探し回って、諒平は再手術を試みます。

再手術は成功して、リハビリを受ける。

そんな諒平の姿を見たサッカー部のメンバーは諒平を励ますために

県大会突破を目標に地区予選に臨む。

チーム一丸となって、諒平の負けん気の強さを受け継いだメンバーは、

なんと地区予選を優勝して、県大会に出場してしまうのです。

諒平の病気が再発

サッカー部のメンバーが地区予選をコツコツと勝っていき諒平としても勇気づけられていました。

リハビリも頑張り必死に続けている中、諒平の脳腫瘍が再発してしまいました。

諒平がショックを受けている中、県大会に出場することが決まったと報告を受けて勇気づけられる。

リハビリを頑張りサッカーをやりたいという想いがあり、リハビリを続けるも、

18歳で帰らぬ人となってしまいました。

感想

毎年、24時間テレビのドラマは楽しみにしてみているんですが、

今回も本当に素晴らしいお話ですよね。

頑張っている姿って本当にかっこいいですよね。その姿を見て、自分も頑張ろうと思えますよね。

頑張っている姿って人に何らかの影響を与えます。

自分もそういうような人間になるんだ!と毎年思わされます。

8月22日21時から放送されるので、良かったら見てみてください!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 恋愛
  2. ベッキー結婚 不倫
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。